食べ物

魚民赤羽の虫の種類は何?虫の混入画像やTwitter写真は?

株式会社モンテローザが展開する居酒屋のチェーン店が魚民です!

おいしい魚や地酒が楽しめるとして多くの人に親しまれてきました。

そんな魚民の赤羽店で虫が混入していたことが報道されました。

虫の種類が気になるかたもいるのではないでしょうか。

なので今回は「魚民赤羽の虫の種類は何?虫の混入画像やTwitter写真は?」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

画像|魚民赤羽の虫混入のTwitter写真は?

ここでは魚民赤羽店の虫混入のTwitter写真について調査しました!

2021年11月15日に魚民赤羽店を訪れたお客が「料理に虫が入っていた」とSNSで訴えました。

SNS上では鍋料理やイカ料理に無数の小さな虫が付着していたんですね。

その料理の写真だといわれているのがこちらです。

引用元:Twitter

1000匹以上入っていたそうですが、小さなゴマのようにも見えてしまいますよね。

目の悪い人だと、そのまま食べてしまってもおかしくないのではないでしょうか。

虫の種類は何?※閲覧注意

今回の魚民に混入していた虫の種類は何なのでしょうか。

調べて見るとこのようなツイートがありました。


このツイートからチャタテムシの可能性があることがわかります。

チャタテムシがどのような虫なのか画像で見てみると、

体長は1mmほどということで、画像の虫と色も似ていることがわかりますね。

チャタテムシの発生源となるのは、

食品の保管庫

ベッドのマットレスの下

タタミの下

参考元:トラブルブック

このような場所があり、食品の保管庫に出るそうで可能性は高そうですね。

魚民の店員の対応がひどい!

魚民の料理に虫が入っていることで炎上したお店は魚民赤羽東口駅前店虫だそう。

このお店の店員の態度もひどかったそうです。

被害にあったお客様が「他の客の料理も確認した方がいい」と伝えたところ、

言葉を遮りながら早く帰るように促すような対応をされた

会計時に割引額の確認のため終電間際に30分ほど待たされた


このように魚民の店員の態度も炎上の原因の一つだと思われます。

世間の反応は?

魚民赤羽店での虫混入事件について世間の反応を見てみると、


このように炎上していることがわかりましたね。

このような事件が起こり、魚民へ行かれる方は少なくなってもおかしくないのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では「魚民赤羽の虫の種類は何?虫の混入画像やTwitter写真は?」についてお伝えしました!

虫の種類はチャタテムシの可能性が高いかもしれませんね。

今回の報道で魚民を訪れる方は減ってしまってもおかしくないと思います。

このような事件が2度と起きないように気をつけてほしいですね…

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。