芸能

山田樹奈の国籍は韓国人?在日や本名などwikiプロフィールも調査!

元SKE48として活躍されていたのが山田樹奈さんです!

可愛らしいかたで、人気も高かったのではないでしょうか。

山田樹奈さんはお金をだまし取り、詐欺罪などの罪に問われ注目されたことも。

そんな山田樹奈さんの国籍が韓国人なのではないかと話題になっています。

なので今回は「山田樹奈の国籍は韓国人?在日や本名などwikiプロフィールも調査!」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

山田樹奈の国籍は韓国人?

ここでは山田樹奈さんの国籍は韓国人なのか調査しました!

山田樹奈さんを調べていると”国籍”や”韓国人”という検索ワードがでてきます。

山田樹奈さんの国籍が韓国人なのか気になっているかたが多いことがわかりますね。

調べて見ましたが、山田樹奈さんの国籍は日本です。

出身地が名古屋であり、生まれも育ちも名古屋なんですね。

しかし、なぜ山田樹奈さんが韓国人だといわれるようになったのでしょうか。

山田樹奈さんが韓国人だといわれた理由として、

①山田樹奈は韓国が好き

②詐欺罪が韓国でも報道

このような理由があるのではないでしょうか。

それでは詳しく見ていきましょう!

①山田樹奈は韓国が好き

2017年3月頃に山田樹奈さんは当時のSKE48のメンバーと韓国旅行に行かれました。


SKEメンバーの東李苑さんと川崎成美さんで、韓国に行かれたんですね。

この旅行の様子についても、東李苑さんは自身のSNSに投稿していました。

東李苑‏ @rion_az13

女子旅してきました❤︎

楽しい可愛い美味しい最高!

充実した濃い1日を過ごせたのも
街を案内してくれたなるちんのおかげ。
고마워요!

#한국 #손가락하트

引用元:東李苑さんのインスタ

この旅行が理由で「地元に帰ったのでは?」という声もあったそうです。

しかし、旅行に行ったメンバーも韓国人という情報はないので噂の可能性が高いですね。

②詐欺罪が韓国でも報道

山田樹奈さんは為替相場を利用して現金をだましとり、2021年3月16日に逮捕されました。

その時のニュースが、韓国でも報道されたという情報があります。


このように山田樹奈さんの逮捕は、韓国でも報道されたんですね。

もしかすると、これを見たかたは山田樹奈さんは韓国人?と勘違いしたのかもしれません。

おそらく、これはSKEが韓国でも人気があるので報道されたのではないでしょうか。

SKEには韓国でも人気や知名度があり、

SKEは韓国ドラマ「ストライク・ラブ」で撮影

SKEが韓国の地上波生放送で初めて日本語の歌を歌った

このようにSKEは韓国でも人気や知名度があるんですね。

なので、山田樹奈さんが逮捕されたときも、韓国で話題になったのではないでしょうか。

山田樹奈さんが韓国人だと噂される理由として、

①山田樹奈は韓国が好き

②詐欺罪が韓国でも報道

このような理由があるのではないでしょうか。

山田樹奈の本名やwikiプロフィール!

ここでは山田樹奈さんの本名やwikiプロフィールを調査しました!

【山田樹奈 wikiプロフィール】

名前:山田樹奈(やまだ じゅな)

生年月日:1998年5月25日

年齢:23歳(2021年12月現在)

出身地:愛知県

身長:148cm

血液型:A型

山田樹奈さんの本名について、調べて見ましたが情報はありませんでした。

SKEは芸名を使っている人もいますが、本名を使って活動している人もいます。

情報が無いということは、本名で活動していた可能性もあるかもしれませんね。

SKEの月給は3万6,000円だった!

山田樹奈さんのアイドル時代の年収については、特に公開していません。

しかし、同じSKE48に所属していた松村香織さんがネット配信番組「BBQ松村香織の今夜も1コメダ」に出演。

その時に、当時のSKE48の月給について語っていました。

現在の松村は、「3万6000円よりは、少し豊かになった」としながらも、「高級ブランドのバッグ、一つ持ってみたいわ!」「PRADAとか、Miu Miuとか、20代後半のうちらの年だったら、1個持ってるの普通じゃん」と不満をぶちまけていた。

引用元:日刊サイゾー

SKE48の初任給は3万6000円だったそうですね。

その後も、加入3年目くらいまでは高校時代にメイド喫茶で、アルバイトをして稼いでた頃のほうが儲かったんだとか。

そんな松村さんの体験談を考えると、山田さんの給料は月に10万円もなかったかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では「山田樹奈の国籍は韓国人?在日や本名などwikiプロフィールも調査!」についてお伝えしました!

山田樹奈さんの国籍は韓国ではなく、日本でしたね。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。