芸能

時東ぁみの出身高校は桜町高校!大学・学歴や本名などwikiプロフも!

タレントとして活躍しているのが時東ぁみさんです!

時東さんはアイドルや女優など幅広く活躍しているんですね。

自身のブログでは妊娠を発表し話題になりましたね。

そんな時東ぁみさんの高校や大学など学歴が気になるかたもいると思います。

なので今回は「時東ぁみの出身高校は桜町高校!大学・学歴や本名などwikiプロフも!」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

時東ぁみの出身高校は?

ここでは時東ぁみさんの出身高校についてお伝えしていきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

時東 ぁみ TOKITOaMI(@amitokito)がシェアした投稿

時東ぁみさんの出身高校は東京都立桜町高等学校です。

【桜町高校】

場所:東京都世田谷区

設立年:1938年

偏差値:50

桜町高等学校 公式サイト

桜町高校は共学として知られており、主な卒業生として、

石田ゆり子

森英恵

松尾伴内

このような有名人が卒業されています。

時東さんは子供の頃から運動神経がいい女の子でした。

高校では、バスケットボール部に所属していたそうですよ。

また高校3年生では「ミスマガジン2005」に応募しました。

結果は”つんく賞”を受賞し、それがきっかけで芸能界に入ったそうですよ。

引用元:学歴.com

時東さんは学生時代から男子から人気だったのかもしれませんね。

高校時代はグラビアを中心に活動していたそうです。

時東ぁみの大学は?

時東ぁみさんは大学に進学しておらず、芸能活動に専念しています。

時東さんは大学進学を希望しましたが、当時の事務所が”諦めてくれ”といわれたそうです。

事務所の人に「体育大学を諦めてくれ」といわれたとき、夢を閉ざされた、挫折したと思いました。

時東さんは体育大学に進学を希望していたんですね。

高校卒業後は芸能活動を本格化し、歌手としてもデビューしています。

また、20歳の時にはドラマ「スミレ16歳!!!」で女優デビューもしているんですね。

時東ぁみさんは、若い頃から幅広く活躍していることがわかります。

時東ぁみの本名やwikiプロフィールは?

ここでは時東ぁみさんの本名やwikiプロフィールを調査しました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

時東 ぁみ TOKITOaMI(@amitokito)がシェアした投稿

【時東ぁみ プロフィール】

本名:小松幸江(こまつ ゆきえ)

旧芸名:時東あみ

生年月日:1987年9月25日

年齢:34歳(2021年10月現在)

出身地:東京都

身長:153cm

血液型:O型

特技:バスケットボール

趣味:トレーニング

時東さんは中学1年生のときに両親が離婚。

それ以降は、父親に引き取られて母子家庭で育っています。

しかし、高校時代に反抗期から父親の元を飛び出し、以降は母親と暮らしたそうです。

そして、時東さんは”ミスマガジン2005”をきっかけに芸能界入りしました。


引用元:学歴.com

しかし、最初は何のコンテストかわからないまま応募したんだとか。

モデルをしていた友達に誘われ、何のコンテストかもわからないまま何の気なしに応募してみたら、運よく賞を頂くことができて

ちなみにこの年のミスマガジンのグランプリは女優の北乃きいさんが受賞しています。

2006年にはメジャーデビューをして、メガネっ娘アイドルとして活躍。

2010年には女優として映画「お踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』にも出演しました。

時東ぁみと夫の馴れ初めは?

時東ぁみさんとビジュアル系バンドのDAISHIさんはどこで会ったのでしょうか。

報道によるときっかけは”友人の紹介”だったそうです。

2人の出会いは半年ほど前に友人の紹介がきっかけで、DAISHIの猛アタックにより交際が始まる

引用元:exciteニュース

DAISHIさんが時東さんにアプローチをしていたんですね。

そして、すぐに同棲がはじまったそうですよ。

時東ぁみの夫には逮捕歴がある?

時東ぁみさんの夫・DAISHIさんは覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたことがあるそうです。

2005年にDAISHIが薬物使用で逮捕され、バンドは最大の危機を迎えた

引用元:Barks

この逮捕によってバンドは解散することになったそうです。

その後、DAISHIさんは社会復帰し、2014年にはバンドの活動も再開したそうですよ。

まとめ

今回の記事では「時東ぁみの出身高校は桜町高校!大学・学歴や本名などwikiプロフも!」についてお伝えしました!

時東ぁみさんの出身高校は桜町高校だったんですね。

これからは夫・DAISHIさんと末永く幸せな家庭を築いてほしいですね!

この記事を最後まで読んでいただきありがうございました。