芸能

ののかちゃんはダウン症?病気や障害で斜視の噂があるって本当?

2020年に童謡「いぬのおまわりさん」を歌って話題になったのがののかちゃんです!

音楽番組にも多数出演しており、歌も上手だと注目されていますね。

そんなののかちゃんは、ダウン症なのではないかと噂になっているようです。

ののかちゃんに病気や障害があるのか心配されるかたもいるのではないでしょうか。

なので今回は「ののかちゃんはダウン症?病気や障害で斜視の噂があるって本当?」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

ののかちゃんはダウン症?病気や障害がある?

ここではののかちゃんのダウン症や病気・障害の噂について調査しました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@nonokachannefan1221がシェアした投稿


ののかちゃんを調べて見ると”ののかちゃん ダウン症”と検索ワードにでてきます。

ののかちゃんはダウン症なのでしょうか。

実際にののかちゃんがダウン症だという情報はありません。

しかし、ののかちゃんがダウン症だといわれる理由として、

鼻が低い

目と目の間が広い

斜視

このような理由があるのではないでしょうか。

ダウン症の特徴について簡単に見てみると、

【ダウン症 特徴】

心臓や呼吸器、目、耳、鼻など合併症をもつことが多い傾向。また、ダウン症候群児の発達は、運動、知能、ことば、社会性など全般においてゆっくり。

参考元:ジュニアLITALICO

ダウン症の子供は、発達がすこし遅れてしまうようですね。

ののかちゃんはまだ子供なので、運動やことばができないのは当然だと思います。

しかし、ダウン症の子供に見られる顔の特徴は、

鼻が低め

目と目の間が広い

すこしつり目がち

斜視

下が長い

耳の位置が低い傾向がある

参考元:メディオンクリニック

このような顔の特徴があるそうで、その理由として以下があります。

顔の中心部の骨の発達がゆっくりであるのに対し、顔の周囲の骨は通常の速度で発達するからではないかといわれています。

引用元:ジュニアLITALICO

ののかちゃんは実際に、

鼻が低い

目と目の間が広い

斜視

上記の3つが当てはまるのではないでしょうか。

実際にののかちゃんの顔を見てみると、

引用元:modelpress

画像から、目と目の間が広く、鼻も低く感じました。

またののかちゃんは、斜視なのではないかとも話題になっていますね。

ののかちゃんを調べていると”ののかちゃん 斜視”と検索ワードにでてきます。

【斜視】

ものを見るときには、両方の目が見ようとするものの方向に向く。 しかし、片方の目は見ようとするものを見ているが、もう片方の目が目標と違う方向を向いていること。

ののかちゃんは、両目の向いている方向が違うことがあるようです。

ののかちゃんが斜視なのではないかといわれる画像を見ると、

引用元:Twitter

この画像を見ると両目で違う方向を見ているように見えますね。

世間の反応を見てみても、


ののかちゃんの斜視について心配しているかたは多くいらっしゃいました。

斜視は生後3歳から4歳にかけて起こることが多く、原因の一つに”疲れ”もあるそうです。

参考元:EPARKクリニック

ののかちゃんはバラエティ番組や24時間テレビなど、メディアに出演する機会が増えています。

YouTubeもしており、日ごろからカメラで撮られることが多い生活をしていますよね。

そのような生活に嫌だなと感じることもあるかもしれません。

その影響で疲れやストレスなどが溜まっている可能性もあると思います。

ののかちゃんがダウン症だといわれる理由として、

鼻が低い

目と目の間が広い

斜視

このような理由があるのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では「ののかちゃんはダウン症?病気や障害で斜視の噂があるって本当?」についてお伝えしました!

ののかちゃんがダウン症という情報はありませんでした。

病気や障害がある可能性も低いのではないでしょうか。

ののかちゃんにはこれからも歌やかわいらしい姿を見せてほしいですね!

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。