芸能

岸田裕子の英語力は広島女学院時代からすごい?大学や学歴も調査!

総理大臣を決める自民党総裁選に岸田文雄さんが選出されました!

3人の息子さんとの5人家族で仲が良いことでも有名です。

そんな岸田文雄さんの妻・裕子さんが美人でとても奇麗だと話題になっていますね。

岸田裕子さんは社長令嬢で高学歴なんだとか。

そんな岸田裕子さんの英語力がすごいと話題になっています。

なので今回は「岸田裕子の英語力は広島女学院時代からすごい?大学や学歴も調査!」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

岸田裕子の英語力は広島女学院時代からすごい?

ここでは岸田裕子さんの英語力について調査しました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿


岸田裕子さんの出身高校を調べると広島女学院高校だそうです。

【広島女学院高校】

場所:広島県広島市

設立年:1886年

偏差値:61

広島女学院高校 公式サイト

広島女学院は、広島では有名な進学校で中高一貫校の私立女子高校です。

進学実績も地元の広島大学をはじめ、東京大学や京都大学に進学されたかたもいます。

偏差値も61と高く、岸田裕子さんは学生時代から頭がいいかただということがわかりますね。

そして、広島女学院は英語教育に力をいれているですね。

【中3~高1 英語能力養成期】

・スピーチ、プレゼンテーション

・エンパワーメントプログラム

・海外研修

・ハイレベルセミナー

教科書以外にも「読む」課題をだし、海外研修制度も充実しています。

広島女学院は中高の6年間で英語力をきたえる機会に恵まれていることがわかります。

岸田裕子さんも学生時代から海外にいっていたのかもしれませんね。

このように広島女学院は英語教育に力をいれており、岸田裕子さんの英語力も学生時代からすごかったのではないでしょうか。

岸田裕子の英語力は?

実際に、岸田裕子さんは英語力が高いことでも知られています。

広島女学院から東京女子大に進んだ岸田裕子さんは英語が堪能な国際派だといわれています。

引用元:外務省Facebook

広島女学院から東京女子大に進んだ岸田裕子さんは英語が堪能な国際派だといわれています。

英語が堪能な国際派。岸田氏が外相時代の2016年には、G7広島外相会合も経験。

引用元:Yahoo!japan

G7広島外相会合ではほぼ通訳なしでおもてなしをされたそうですよ。

各国の駐日大使夫人とのお茶会を主催するなど外交面のサポートもばっちりなんだとか。

2017年には対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」に参加しました。


引用元:外務省

カナダのサン・ローラン高校生徒と広島女学院生徒との交流事業に参加したんですね。

岸田裕子さんは当時のカナダ外相と”平和への想い”について話し合ったりしたそうです。

岸田文雄さんはこれからは英語を使う場面も多くなってくると思います。

そんなときに妻・裕子さんが側にいてくれればとても安心ですよね!

岸田裕子の出身大学は?

岸田裕子さんの出身大学は東京女子大学です。

【東京女子大学】

場所:東京都杉並区

設立年:1918年

偏差値:45~57.5

東京女子大学 公式サイト

この大学を卒業した有名人には多部未華子さんや高橋真麻さんがいらっしゃいますね。

現在は女子大離れが続いて、偏差値も落ちていますが当時はどの学科も偏差値60はあったそうです。

当時はこの大学と津田塾大学、日本女子大学が3大女子大学といわれていました。

なので、志望者もとてもおおかったそうですよ。

岸田裕子さんは高学歴であったことがわかりますね!

岸田裕子のwiki風プロフィールは?

ここでは岸田裕子さんのwiki風プロフィールを紹介していきます!

 

この投稿をInstagramで見る

 

岸田文雄(@fumio_kishida)がシェアした投稿

【岸田裕子 プロフィール】

名前:岸田裕子(きしだ ゆうこ)

旧姓:和田裕子(わだ ゆうこ)

生年月日:1964年8月15日

年齢:57歳(2021年9月現在)

出身地:広島県三次市

岸田裕子さんは夫・文雄さんとはお見合いをして結婚しました。

政治一家に生まれた文雄さんとお見合いしたことからも、実家は裕福だったのではないでしょうか。

岸田裕子の実家はお金持ち?

岸田裕子さんの実家は広島県にあります。

2020年のインタビューでは岸田裕子さんは実家について、

かつて広島県三次市で造酒業や銀行を営んでいた旧家。

引用元:Livedoor

岸田裕子さんの父親は、広島県三次市にある三次開発興行株式会社を経営していたそうです。

父親について調べると三次開発興行株式会社の社長・和田邦二郎さんでした。

この会社は1969年に設立された不動産業の会社のようです。

岸田裕子さんが社長令嬢であり、お金持ちだったのでしょうか。

岸田裕子さんは私立の広島女学院に通っていました。

広島女学院の初年度の学費について調べると624,000円で当時もこのくらいだと仮定します。(2020年度参考)

公立高校の在学3年間でかかる学費は約84万円なんですね。

広島女学院の海外研修などに行ったとすると、学費は公立高校の約3倍かかっているかもしれませんね。

これをみると裕子さんの実家はお金持ちだったことがわかります。

岸田裕子さんは由緒ある家柄で育てられてことがわかりますね。

まとめ

今回の記事では「岸田裕子の英語力は広島女学院時代からすごい?大学や学歴も調査!」についてお伝えしました!

岸田裕子さんの英語力は学生時代からすごかったのかもしれませんね。

これからも夫婦で支えあいながらがんばってほしいです!

この記事を最後まで読んでいただきありがとございました。