芸能

桂文枝は病気?顔の震えや首の揺れはパーキンソン病?

司会者や落語家として活躍されているのが桂文枝(かつら ぶんし)さんです!

番組「新婚さんいらっしゃい!」では44年間も司会を務めました。

その番組も2022年を司会をやめることになり、大きな話題になりましたね。

そんな桂文枝さんが病気なのではないかと噂になっています。

桂文枝さんの病気は何なのか、気になるかたもいるのではないでしょうか。

なので今回は「桂文枝は病気?顔の震えはパーキンソン病?」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

桂文枝は病気?

ここでは桂文枝さんは病気なのかについて調査しました!

桂文枝さんを調べていると”桂文枝 病気”と検索ワードにでてきます。

桂文枝さんが病気なのか気になるかたが多いことがわかります。

調べて見ましたが、桂文枝さんが病気であるという情報はありませんでした。

しかし、なぜ桂文枝さんは病気だといわれるのでしょうか。

桂文枝さんが病気だといわれる理由として、

顔が震えている

首が揺れている

このような理由があるのではないでしょうか。

テレビで桂文枝さん見たかたは、


このように顔の震えや首の揺れが気になるという方がいらっしゃいました。

また新婚夫婦の話を聞いている間も、ずっとプルプル震えていることもあったそうです。

特に首から上の震えが目立つという意見が多かったですね。

桂文枝さんの動画を見てみると、

たしかに、顔の震えが気になりますね…

世間の意見を見ると桂文枝さんは、

パーキンソン病

本態性振戦

老人性振戦

この3つのどれかなのではないかといわれています。

それでは詳しく見ていきましょう!

桂文枝はパーキンソン病?

桂文枝さんは”パーキンソン病”なのではないかといわれています。

この病気の発症年齢は、50~60歳に多く、高齢になるほど発症率が増加するといわれています。

40歳以下でも発症することもあり、若年性パーキンソン病と呼ばれます。

パーキンソン病について調べて見ると、

【パーキンソン病】

動作の緩慢、手足の震えやこわばり、バランス能力の低下などの運動症状と、うつや不眠などの非運動症状を示す進行性の神経難病です

参考元:日本医療研究会機構

パーキンソン病は特に、手足の震えが目立った特徴なのではないでしょうか。

桂文枝さんは、顔や首の震えがあるといわれています。

パーキンソン病の病状とは少し違いますよね。

またパーキンソン病は、

声が小さくなる

大きい声が出せない

抑揚のない話し方になる

こののような特徴もあるそうです。

しかし、桂文枝さんのインタビューを見ると、しっかり話しているという印象でした。

以上からパーキンソン病の可能性は低いのかなと感じました。

桂文枝は本態性振戦?

また桂文枝さんは”本態性振戦”なのではないかともいわれています。

【本態性振戦】

問題となる原因がなく、生理的なふるえが起こるような状況でもないのにもかかわらず、手や頭にふるえが生ずる病気です。

参考元:日本臨床内科医会

本態性振戦は手だけではなく、頭にも生じることがあるそうですね。

桂文枝さんの症状と合致しているのではないでしょうか。

桂文枝は老人性振戦?

桂文枝さんは”老人性振戦”であるともいわれています。

【老人性振戦】

高齢になると、筋肉を動かす神経のバランスが悪くなって、震えがでやすくなります。「老人性振戦」といい、頭や両手によく現れます。

参考元:井内科クリニック

老人性振戦は、高齢になるとでやすくなる症状のようです。

多くのお年寄りに見られるので、心配はいりません。

桂文枝さんは現在78歳です。(2022年1月現在)

桂文枝さんの頭や体の震えは、ただの年齢による影響なのかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では「桂文枝は病気?顔の震えや首の揺れはパーキンソン病?」についてお伝えしました!

桂文枝さんが病気であるという情報はありませんでした。

顔や首の揺れも年齢の影響が大きいのかもしれませんね。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。