芸能

中西アルノはなぜ炎上したの?彼氏は?パパ活疑惑の真相は?本名は?

今回の話題は、乃木坂46の中西アルノさんです。

乃木坂46の5期生として選出されたのですが、
発表された途端に
炎上する騒ぎとなりました。

今回は「中西アルノはなぜ炎上したの?彼氏は?パパ活疑惑の真相は?本名は?」について

お伝えしていきます。

中西アルノはなぜ炎上したの?

中西アルノさんは、2022年2月に行われた
「乃木坂46 新メンバー募集オーディション」に合格し、
2022年5月に加入が発表されました。

しかし発表されるやいなや
すぐに炎上する事態に。
いったいなぜ炎上してしまったのでしょうか?

被写体モデルをしていた

中西アルノさんはこれまで、
被写体モデル歴があることが発覚しました。

最初はSNSを通じて個人的に被写体モデルを行っていましたが、
その後「コットン撮影会」に登録をし、
撮影会を開いていたようなのです。

「被写体モデル」と聞いて、

・あまり乃木坂のイメージにそぐわない
・怪しい仕事なのでは・・・?

という疑惑が出て、炎上する形となりました。

しかしこの被写体モデルのお仕事に関しては、

被写体モデルは、最初は個人のSNSを通じてカメラマンさんを募集していました。

ですが、個人間でのやり取りに怖さを覚えたり、募集用のアカウントが急に使用できなくなるなど、この方法に危険を感じ、撮影会に所属して撮影に参加するようになりました。

撮影会ではレンズ越しに自己を表現することを知り、今の自分にとって糧となった活動であったと思っています

と、週刊文春の取材に答えており
あくまでも仕事の一部として
前向きに行っていたことが分かりますね。

パパ活疑惑

そして被写体モデルだけでなく、
中西アルノさんはパパ活をしていたという噂が
広まりました。

先ほどの被写体モデルの延長で、撮影のあとに
カラオケに行ったり食事に行ったり
してたようです。

さらにこちらの裏垢と思われるアカウントが
特定され、
もしこれが本当に中西アルノさんだとしたら
パパ活をしていたと言われても
おかしくありませんね。

性格が悪い

さらに先ほどの裏垢と思われるアカウントでは、

あまりいい言葉が書かれておらず、
性格が悪いともいわれています。

このアカウントの言葉が本当に
中西アルノさんが書かれたものと確定は
していませんが、
もしそうだとしたら、ひどい言葉を
並べているなという印象を持ってしまいますね・・・。

中西アルノの彼氏は?

では現在、中西アルノさんに彼氏は
いるのでしょうか?

現在中西アルノさんの彼氏は、
カメラマンの藤川純さんではないかと
言われています。

残念ながら顔写真はないのですが、

まだ乃木坂46の新メンバー発表の前に、
中西アルノさんが加入したことを
示唆する内容が投稿されていました。

このことで、中西アルノさんと藤川純さんは
交際していて、
事前の情報を漏らしたのでは?と言われています。

また中西アルノさんと食事に行ったとも
ツイートされています。

現在このアカウントは削除されており、
交際している、または当時交際していたと
考えてもおかしくありませんね!

中西アルノのパパ活疑惑の真相は?

炎上してしまった中西アルノさん、
2022年3月3日には活動自粛を発表されました。

その際、

中西アルノに関しまして、SNS上にて様々な憶測や、投稿が飛び交っている状況をうけ、本人に事実確認を行ったところ、一部の発言に関して本人のものであることが確認できました

と報告はされましたが、パパ活の事実については
言及されませんでした。

ですので真相は語られていませんが、
パパ活をしていたといわれてもおかしくない
証拠が出ているのは事実です。

その後中西アルノさんは、
4月27日に開催された第2回
「5期生お見立て会」出演をもって活動を
再開されました。

 

ですが残ったイメージは強烈で、
まだまだパパ活をしていたという
印象が残ってしまっている状態ですね。

中西アルノの本名は?

「アルノ」というお名前、
とても珍しいですよね。

本名か調べてみたのですが、
乃木坂46は基本的に本名で活動をするため、
中西アルノさんも恐らく本名であると思われます。

以前名前の由来についても、

「イタリアのアルノ川。両親が旅行で訪れた際印象に残ったという」

と日刊スポーツの取材に答えていたため、
本名の可能性が高そうですね。

まとめ

今回の記事では「中西アルノはなぜ炎上したの?彼氏は?パパ活疑惑の真相は?本名は?」についてお伝えしました。

発表からいきなり炎上してしまった
中西アルノさんですが、
現在は乃木坂46としての活動を
スタートさせています。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。