芸能

パルト小石の出身地や血液型は?高校・大学の学歴やwikiプロフも!

2人組マジシャン”ナポレオンズ”として活躍していたのがパルト小石さんです!

また2021年10月にはパルト小石さんの訃報報道があり、悲しんだかたも多くいると思います。

そんなパルト小石さんの出身地や血液型が気になるかたもいるのではないでしょうか。

なので今回は「パルト小石の出身地や血液型は?高校・大学の学歴やwikiプロフも!」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

パルト小石の出身地や血液型は?

ここではパルト小石さんの出身地や血液型を調査しました!

【パルト小石 プロフィール】

活動名:パルト小石

本名:小石至誠(こいし しせい)

生年月日:1952年6月24日

年齢:69歳(2021年10月現在)

出身地:岐阜県

血液型:A型

身長:164cm

パルト小石さんの出身地は岐阜県で血液型はA型だということがわかりました。

A型は日本で最も多く、日本人の4割がA型といわれています。

A型の特徴を見てみると、

【A型 性格的特徴】

・真面目で几帳面

・責任感が強く心配性

・人の評価を気にする

・協調性がありチームワークを重視

・根気強く計画通りにコツコツと

・融通が利かず頑固な一面もある

参考元:Domani

このような性格的特徴を持っているといわれています。

パルト小石さんの訃報で対したくさんのかたが悲しまれました。

それだけ、パルト小石さん多くの人に愛されていることがわかりますね。

パルト小石の高校や大学などの学歴は?

ここではパルト小石さんの高校や大学などの学歴についてお伝えしていきます!

パルト小石の出身高校

パルト小石さんの出身高校は岐阜県立関高校です。

【岐阜県立関高校】

場所:岐阜県関市

設立年:1921年

偏差値:65

岐阜県立関高校 ホームページ

この高校は偏差値が65もあり、地元では進学校としても知られています。

岐阜県立関高校の2020年度・難関大学合格者数を見てみると、

【岐阜県立関高校 進学実績】

京都大学…1人

旧帝大+一工…17人

国立大(旧帝大+一工を除く)…69人

早慶上理ICU…13人

GMARCH…15人

関関同立…74人

このように難関大合格者を多く輩出していることがわかりますね。

またこの高校を卒業した有名人を見てみると、

松井勲(柔道家)

福地泡介(漫画家)

各務梓菜(NHKアナウンサー)

このような有名人がいらっしゃいました。

パルト小石さんは高校時代から、頭がいいかただったのではないでしょうか。

パルト小石の出身大学

パルト小石さんの出身大学は専修大学です。

【専修大学】

場所:東京都千代田区

設立年:1923年

偏差値:47.5~60

専修大学 公式サイト

パルト小石さんは大学時代、マジックサークルに所属していました。

ここで同級生だったボナ植木さんとコンビを結成されます。

小石さんがマジックサークルに入った理由として、

テニスサークルなどありきたりなものが嫌で、変わったサークルを探してて、その意味でマジックサークルがちょうどよかった

とおっしゃっていました。

小石さんは大学時代、先輩に”お前は司会をやれ”といわれ司会をされていました。

そして、腕が良かったボナ植木さんが人前に出てマジックを披露していたそうです。

ボナ植木さんは大学時代から、プロマジシャンになることを決めていたそうですよ。

パルト小石の大学卒業後は営業マン

パルト小石さんは大学卒業後、就職して営業マンになり訪問販売をされていました。

しかし、仕事が忙しすぎてすぐに行かなくなったそうです。

その時にボナ植木さんから”アシスタントをやってくれないか?”と連絡がありました。

これがきっかけで再びマジシャンとして活動をはじめたそうですよ。

パルト小石さんの経歴を簡単に見てみると、

1977年…”マジック・ナポレオンズ”としてプロデビュー

1980年代…海外に進出しヨーロッパやアフリカなどに活動の幅をひろげる

1988年…FISM1988オランダハーグ大会でグランドイリュージョン部門3位

このように世界のマジシャンとして活躍して行ったことがわかりますね。

パルト小石の病気とは?

ここではパルト小石さんの病気についてお伝えていきます!


パルト小石さんの死因は”肺炎”と報道されています。

また小石さんは2019年10月には急性リンパ性白血病を発症して入院していたこともわかりました。

【急性リンパ性白血病】

骨髄中にある、血球をつくる造血幹細胞が悪性腫瘍(がん)化し、正常な血液を作ることができなくなる病気。

参考元:Doctors File

翌年の7月には回復しましたが、8月に再発。

その後、臍帯血移植などを受けるも、入退院を繰り返していました。

2021年9月9日に肺炎で緊急入院し10月26日に亡くなりました。

パルト小石さんはまだ69歳だったんですね。

また2019年から体が病気を発症しており、体も弱っていたことがわかります。

妻・結花さんは「自然昏睡で眠ったまま静かに逝きました」とおっしゃっています。

世間の反応は?

パルト小石さんの訃報にたいする世間の反応を見てみると、


このようにパルト小石さんは、たくさんのかたから愛されていたことがわかりますね。

まとめ

今回の記事では「パルト小石の出身地や血液型は?高校・大学の学歴やwikiプロフも!」についてお伝えしました!

パルト小石さんの出身地は岐阜県で血液型はA型でしたね。

これからもパルト小石さんのマジックは、語り継がれていくのではないでしょうか。

この記事を最後まで読んでいただきありがうございました。