芸能

西岡洸さんの服装!着ていた服はフリース?表面フラッシュ現象?

芸術大学の女子学生が作品制作で大やけどを負い死亡するという報道がされました。

亡くなったのは芸術大学に通う西岡洸さんです。

そんな西岡洸さんがどのような服装だったのか、気になるかたもいるのではないでしょうか。

なので今回は「西岡洸さんの服装!着ていた服はフリース?表面フラッシュ現象?」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

おすすめ記事:西岡洸さんのインスタ顔画像は?Twitterやフェイスブックも!【作品】

西岡洸さんの服装!着ていた服はフリース?

ここでは西岡洸さんの服装・着ていた服について調査しました!

西岡洸さんはどのような服装をしていたのでしょうか。

西岡洸さんの死因について見てみると、

栃木県宇都宮市の芸術大学で作品の制作中に火の粉が飛び散って女子学生の服に燃え移り、女子学生は大やけどを負って死亡しました。

引用元:Yahoo!japan

火の粉が飛び散って、服につき大やけどを負ってしまったことがわかります。

警察によると、西岡さんはグラインダーと呼ばれる電動機械を使って鉄板を切っていたそうですね。

以上のことから西岡さんは燃えやすい服装をしていたのか?と考えられます。

また調べて見るとこのようなコメントをしているかたがいました。

フリースとか燃えやすい服を着ていたのかな。難燃処理されているものがもっと出回ればいいのに。

西岡さんはフリースの服を着ていたのではないかという意見もありました。


引用元:mamagirl

大学生で、このような服を着ているかたはたくさんいますよね。

なので西岡さんもフリースの服を着ていたのではないかと考えられます。

このフリース素材は起毛である上に化学繊維でもあります。

着火しやすいので、バーベキューや焚火をするときには、気をつけなければなりません。

【フリースの取り扱い上の注意】

フリースを扱う上で注意する点としては「火」と「毛玉」の2つがあげられます。まずひとつめの「火」ですが、フリースは火花などの小さな火でもすぐに燃えて穴があいてしまいます。最悪の場合、火が衣類などの移り一気に燃えてしまう可能性もある

参考元:布と生地の通販サイト

このようにフリースを着る時には、気をつけなければいけないことがわかります。

しかし、フリースのような服を着て作品を作っていたのでしょうか。

火の粉が飛び散るような作業に、私服で作業するのか疑問に思いました。

火の粉が飛ぶような作業であるとわかっていれば、

火の粉が飛んでもいいような服

学校が準備している作業服

このような服装で作業をするのではないかなと感じました。

表面フラッシュ現象が原因?

また西岡さんは表面フラッシュ現象なのではないかという意見も。

他の方も書いていたけど、フリースや合成素材に一瞬にして全体に燃え広がる「表面フラッシュ現象」の可能性もありますね。家庭のガスコンロでも以前女優さんが亡くなりました。もっと周知されるべきかと思う。

【表面フラッシュ現象】

起毛を施した衣料品等に着火すると、炎が毛羽から毛羽へ急速に伝播し生地表面を炎が走るような現象が生じることがあります。

参考元:カケンテストセンター

起毛の服装をしていると、すぐに火が回ってしまうそうですね。

動画で見てみると、

たしかに、すごい速さで炎が燃え広がっていることがわかります。

西岡さんの事件当時の状況は、詳しくはわかっていません。

もし、近くに人がいればまだ助かっていた可能性もあるのではないでしょうか。

大学側の安全管理に問題がなかったのかも、疑問が残りますね。

まとめ

今回の記事では「西岡洸さんの服装!着ていた服はフリース?表面フラッシュ現象?」についてお伝えしました!

西岡洸さんの服装はフリース素材だったのでしょうか。

冬になるとこの素材の服装をする大学生は多いので、可能性はあるかもしれませんね。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事:西岡洸さんのインスタ顔画像は?Twitterやフェイスブックも!【作品】