芸能

中村吉右衛門の死因理由は心不全!病気や病状悪化は心臓発作が原因?

日本の歌舞伎役者として活躍されていたのが中村吉右衛門さんです!

歌舞伎立役の第一人者として活躍されました。

しかし、2021年12月に中村吉右衛門さんの訃報が報道されました。

なぜ中村吉右衛門さんが亡くなったのか死因や理由が気になるかたもいると思います。

なので今回は「中村吉右衛門の死因理由は心不全!病気や病状悪化は心臓発作が原因?」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

中村吉右衛門の死因理由は?

ここでは中村吉右衛門の死因理由について調査しました!

上記のツイートのように、中村吉右衛門の死因理由は心不全です。

【心不全】

心臓はポンプのように血液を全身に送り出しています。 この働きが低下して全身に必要な血液を送れなくなってしまった状態が心不全です。

参考元:まるこはーと内科クリニック

しかし、中村吉右衛門さんの死因は心臓発作も関係しているのではないでしょうか。

中村吉右衛門さんは過去に心臓発作を起こし、救急搬送されたことがあります。

今年(2021年)3月の公演後に急性の心臓発作を起こして救急搬送され、その後、リハビリを続けていました。

引用元:テレ朝news

中村吉右衛門さんは過去に心臓発作を起こしたことがあるんですね…

【心臓発作】

心臓発作とは、心臓の筋肉を養う血管に突然異常が起こり、狭心症や急性心筋梗塞、さらには不整脈による心停止などの心臓の急な病気を指し、いずれも生命に重大な危険を及ぼします。

参考元:日本赤十字社

そして、心臓病にかかると体力の低下が見られることもあります。

狭心症や心筋梗塞では、運動機能や持久力・体力の低下もみられ、生活機能も低下します。

引用元:健康長寿ネット

このように心臓病にかかると、

運動機能

持久走・体力

生活機能

このように多くの機能が低下してしまうんですね…

中村吉右衛門さんは2021年で77歳でした。

体調の回復のため治療に専念してきましたが、年齢的に難しかったのかもしれませんね。

中村吉右衛門の死去で悲しみの声

2021年12月1日に中村吉右衛門さんが死去した報道がされました。

その報道により多くの方が悲しみの声がたくさん上がりました。


このようにたくさんの人が、中村吉右衛門さんの死去に悲しみの声をあげていました。

中村吉右衛門さんが多くの人に愛されていることがわかりますね。

中村吉右衛門の生い立ちは?

ここでは中村吉右衛門さんの生い立ちについて調査しました!

引用元:毎日新聞

【中村吉右衛門 プロフィール】

名前:中村吉右衛門(なかむら きちえもん)

生年月日:1944年5月22日

年齢:77歳(2021年12月現在)

出身地:東京都

中村吉右衛門さんは8代目松本幸四郎の次男として誕生しました。

母方の祖母・初代の中村吉右衛門の養子となり4歳で、中村萬之助として初舞台。

吉右衛門さんは4歳の頃から、すでに舞台で活躍していたんですね。

そして、1966年に2代目中村吉右衛門を襲名。

84年と95年には、眞山青果賞大賞』を受賞し他にも、

「日本芸術院賞』(84年)

『松尾芸能賞大賞』(91年)

などの多くの受賞歴をもっています。

現代でも吉右衛門さんは歌舞伎を代表しています。

しかし、昔から長年にわたって活躍してきたことがわかりますね。

吉右衛門さんは歌舞伎だけではなく、

エッセイ

画文集の出版

テレビ出演

など幅広く活躍してきました。

もう吉右衛門さんの活躍が見れないと思うと、とても悲しいですね…

中村吉右衛門の出演作品!

ここでは中村吉右衛門さんの出演作品について調査しました!

【歌舞伎】

勧進帳』の弁慶

『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助

『一谷嫩軍記・熊谷陣屋』の熊谷直実

『鬼一法眼三略巻・一条大蔵譚』の 一条長成

『義経千本桜』渡海屋・大物浦の渡海屋銀平実は新中納言知盛

『妹背山婦女庭訓・吉野川』の大判事清澄

『平家女護島・俊寛』の俊寛僧都

『傾城反魂香・吃又』の絵師又平

『東山桜荘子』(佐倉義民伝)の木内宗吾

『菅原伝授手習鑑』の武部源蔵、松王丸

『天衣紛上野初花』(河内山)の河内山宗俊

『大老』の井伊直弼

『梶原平三誉石切』(石切梶原)の梶原景時

『松浦の太鼓』の松浦鎮信公

『博多小女郎浪枕』の毛剃

『ひらかな盛衰記・逆櫓』の樋口次郎

【テレビドラマ】

忠臣蔵の人々(1956年) – 吉千代 役

大助捕物帖(1958年) – 飴売り金太 役

神々の愛でし子(1959年) – 主演

野菊の墓(1959年) – 政夫 役

くちづけ(1962年) – 欽一 役

鎖国(1963年) – 主演

約束(1964年) – 主演

シオノギテレビ劇場 さぶ(1966年) – さぶ 役

文五捕物絵図(1968年5月17日)「天保十一年初夏」 – 平吉 役

ながい坂(1969年) – 三浦主水正 役

鬼平犯科帳(八代目松本幸四郎版)(1971-1972年、10話・15話) – 辰蔵 役

右門捕物帖(1969 – 1970年)- 近藤右門(むっつり右門)役

斬り捨て御免!(1980 – 1982年) – 花房出雲 役

劇画ドラマ「項羽と劉邦」(1983年1月2日) – 項羽 役(声優)

武蔵坊弁慶(1986年) – 武蔵坊弁慶 役

大忠臣蔵(1989年) – 徳川綱豊 役(兄と共演)

鬼平犯科帳(1989 – 2016年) – 長谷川平蔵 役

正月ドラマスペシャル 荒木又右衛門 決戦・鍵屋の辻

忠臣蔵 風の巻・雲の巻(1991年) – 服部市郎右衛門 役

忠臣蔵〜決断の時(2003年) – 大石内蔵助 役

【映画】

続源義経(1956年)- 良成 役

夜の鼓(1958年) – 弟・文六 役

敵は本能寺にあり(1960年) – 森蘭丸 役

笛吹川(1960年) – 安蔵 役

野盗風の中を走る(1961年) – むっつりの弥助 役

忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962年) – 萱野三平 役

藪の中の黒猫(1968年) – 薮ノ銀時 役

心中天網島(1969年) – 紙屋治兵衛 役

あゝ海軍(1969年) – 平田一郎 役

お吟さま(1978年) – 高山右近 役

利休(1989年) – 徳川家康 役

歌舞伎役者片岡仁左衛門・登仙の巻(1995年)

鬼平犯科帳 劇場版(1995年) – 長谷川平蔵 役

わが心の歌舞伎座(2011年) – 歌舞伎座さよなら公演記念ドキュメンタリー作品

シネマ歌舞伎・一谷嫩軍記 熊谷陣屋(2011年)

柘榴坂の仇討(2014年) – 井伊直弼 役

このように中村吉右衛門さんは多くの作品に出演していることがわかりましたね。

まとめ

今回の記事では「中村吉右衛門の死因理由は心臓病?病気や病状悪化は心臓発作が原因?」についてお伝えしました!

中村吉右衛門さんの作品はこれからも多くの人に、親しみ続けられるのではないでしょうか。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。