番組

スカッとジャパンの後番組や次は?打ち切り理由や嘘についても!

フジテレビの看板番組として人気だったのが”スカッとジャパン”です!

内村光良さんが司会を務めていることでも注目されていましたね。

そんな番組「スカッとジャパン」が打ち切りになることが発表されました。

「スカッとジャパン」の後番組や次の番組が、何になるのか気になるかたもいるのではないでしょうか。

なので今回は「スカッとジャパンの後番組や次は?打ち切り理由や嘘についても!」についてお伝えしていきます!

それではスタート!

スカッとジャパンの後番組や次は?

ここではスカッとジャパンの後番組や次の番組について調査しました!

スカッとジャパンの次の番組は何になるのでしょうか。

後番組は深夜などのフジテレビ番組になることが予想されます。

明日の内村

スカッとジャパンの後番組として、”あしたの内村”が噂されているそうです。

MCを内村光良さんが務めている番組です。

これまでの放送日時を見てみると、

2021年9月25日

2022年1月3日

放送されたのは、この2回だけのようですね。

番組の放送内容は”もしものときにどうすればいいのか?を完全シミュレーションする番組”です。

内村光良さんの身に”あした”起こるかもしれないテーマをお伝えするんだそう。

テーマをシミュレーションにして、ドラマ化で見やすくなっているそうですよ。

スカッとジャパンも短編ドラマなどが多い番組でした。

もしかすると、”スカッとジャパン”の後番組は”あしたの内村”になるかもしれませんね。

スカッとジャパンの打ち切り理由は?

ここではスカッとジャパンの打ち切り理由について調査しました!


スカッとジャパンの打ち切り理由について調べると、

視聴率の低下

コスト高

若手の独立

このような理由があるそうですね。

それでは詳しく見ていきましょう!

視聴率の低下

スカッとジャパンの打ち切り理由に”視聴率の低下”があります。

2014年10月からレギュラー放送がはじまった当番組。

最初は視聴率もよかったそうですが、最近では低迷していたそうです。

視聴率が6%台と低迷していて、『スカッと』の後に放送されていた月9ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』とは5%近くの視聴率の差がつけられることも

引用元:Yahoo!japan

このように最近では視聴率も、思うように伸びなかったことがわかります。

コスト高

スカッとジャパンの打ち切り理由に”コスト高”があります。

スカッとジャパンの報道によると、

局内ではバラエティ番組のコスト高が問題視されています。再現ドラマの出演者のコストに加え、スタジオでのコストもかかる

引用元:Yahoo!japan

このように再現ドラマの出演者にたいする、コストが高かったことがわかります。

若手の独立

スカッとジャパンの打ち切り理由に”若手の独立”があります。

現場ではバラエティを作れる若手の人材が離れていっているそうです。

給料だけではなく、番組経費も削られるため若手の独立が深刻なんだとか。

有能な若手はすぐに独立したり、フリーでYouTube制作に回ってしまい、制作サイドも限界が来ている

引用元:Yahoo!japan

このように才能のある若者は、給料の高いところに行ってしまうのかもしれませんね。

まとめ

今回の記事では「スカッとジャパンの後番組や次は?打ち切り理由や嘘についても!」についてお伝えしました!

スカッとジャパンの後番組は”あしたの内村”になるかもしれませんね。

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。